引っ越し いくら かかる

引っ越しにいくらかかるか簡単に調べる方法とは!

引越し いくら

引越し 概算

引越し おおよそ

引越し だいたい

引越し 相場

 

引越しにはお金がかかります。
物件の契約費や不用品の処分費、新しい家財の購入など次から次にお金が入り用になります。

 

せめて引越し費用は抑えたい・・・。

 

自分の引越し費用がいくらくらいかかるのか、いろいろ調べたけどわからない。

 

引越し費用は、荷物の量と移動距離でほぼ決まります。

 

荷物が多いときは、大きなトラックとスタッフの数もたくさん必要です。
移動距離が遠ければ、運転手の交代要員費用とガソリン代がかかります。

 

引越し条件は人によって違いますから、いくらかかるのか知りたいなら複数の業者から見積もりを取るしかありません。

 

今はパソコンやスマホから24時間好きな時間に、一括見積もり請求ができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

運びたい家具や家財を選んで、エレベーターの有無などの情報を入力すれば、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

大手から地元の引越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

どこの引越し業者にお願いしようか決めかねている人にオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しはすることがとても多いので、先にだいたいの手順を把握しておくと便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。゛
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。

 

することは多いですが、時系列によって違いますのでコツコツこなしていきましょう。

 

 

引越しでトラブルにならないために知っておきたいこと

 

引越し業者 トラブル

 

@引越し業者とのトラブルで多いものは、当日用意したトラックに入りきらないことです。
ネットでの見積もりの際は、荷物を少なく見積もってしまう傾向があるようで、当日入りきらないことがあります。

 

引越しの見積もりは正直に入力するようにして、できるだけ荷物を減らしておきましょう。

 

A無くしたり壊れるとこまる貴重品は自分で管理しましょう。
パソコンやカメラのデータなどは、復元が出来ないことが多いので特に注意が必要です。

 

宝石や時計などの高級品、通帳や印鑑、現金なども必ず自分で管理するようにしましょう。
仏壇などを運ぶ場合の遺影や位牌も大切に扱いましょう。

 

B破損しても弁償されない家財があるかもしれません。
万が一引越し業者のスタッフが何かを破損した場合は保険で弁償されます。
しかし最近イケアで買った家具は素材が柔らかいので弁償の対象外になることもあると言います。確認しておきましょう。

 

C新居ですが、家財を運ぶ前に必ず元からあった傷などを撮影しておくことです。
今度引越しする際に、修理などで敷金が使われますが、もともとあった傷に関しては修理の責任はありません。
敷金が戻ってくるかもしれませんので、必ず家財が入る前に行いましょう!